DHA・EPA両成分が健康効果に長けたものであり、体内合成できない必要不可欠な成分だと分かっていても、特別なものとして摂取しようとすると面倒だし忘れがちだという人もいるのではないでしょうか。そんな人のために、DHA・EPAの効果を手軽・簡単に取り入れられるアイテムを紹介します。

 

 

朝食代わりのヨーグルト

 

ヨーグルト

サプリメントであれば、ついつい飲み忘れがちという人も、朝食時に朝食代わりとして食べられるヨーグルトであれば忘れることも少なくなるのではないでしょうか。DHAとEPA配合のヨーグルトが登場しました。DHAとEPA合わせて1000mg以上摂取できるという、なかなかの高配合アイテムです。これひとつで1日の理想摂取量を軽々突破。ヨーグルトですからビフィズス菌などの腸内環境を整える成分も入っていて、その他の効果も期待できそうです。

 

 

炭酸ジュース

 

通常のジュースと変わらない、DHA・EPA配合の炭酸ジュースもさまざまな種類が登場しています。味も色々あるため、飽きずに飲むことができそうです。ただし、その配合量はあまり多くなく、数mg程度のものが多いようです。そのため、このジュースだけで必要摂取量を補うのは不可能なため、粉末タイプのDHA・EPAなどを混ぜるなどの工夫が必要になります。

 

 

おやつ代わりに

 

DHA・EPA配合のおやつなら、ティータイムや仕事の休憩中など、手軽に忘れずに食べられそうです。クッキータイプ、グミタイプ、シリアルバー、ゼリーなどその種類もさまざまです。例えば、小腹がすいた時に食べられるシリアルバーなどは、味の種類も豊富で、1本で数百mgのDHAとEPAが摂取できます。これら栄養素だけではなく、他の栄養成分も配合されているため、更なる効果も期待できそう。おやつタイプなら、子供にも無理なく食べさせることができて重宝します。子どもでもとれるDHA・EPAアイテムについてはこちら