多価不飽和脂肪酸は、脂肪酸の中のひとつのカテゴリーですが、このカテゴリーの中にDHAは所属しています。そのため、DHAを語るうえでどうしても欠かすことの出来ないものです。そんな多価不飽和脂肪酸を少し掘り下げてみましょう。

 

多価不飽和脂肪酸とは

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。肉の脂、ラード、チーズ、バター、牛脂など主に動物性脂肪酸は飽和脂肪酸に属し、それ以外は不飽和脂肪酸に属します。多価不飽和脂肪酸は、この不飽和脂肪酸の中にある脂肪酸で、多価不飽和脂肪酸以外にも一価不飽和脂肪酸が存在します。この多価不飽和脂肪酸の中にDHAとEPAが属しており、フィッシュオイルや植物性オイルがこれにあたります。

 

多価不飽和脂肪酸をもう少し掘り下げてみよう

多価不飽和脂肪酸の働きは中性脂肪やコレステロールを減少させ、血栓の予防、そして血液の流れを良くし動脈硬化予防などを担っています。多価不飽和脂肪酸はオメガ3系とオメガ6系に別れていますが、どちらにも似たような効果があります。同じ不飽和脂肪酸でも一価脂肪酸との違いは体内合成出来るか、そして炭素の二重結合の数です。

 

一価不飽和脂肪酸は体内合成が可能であり、炭素の二重結合は1ヵ所。それに対し多価不飽和脂肪酸は二重結合が数ヶ所あり、体内合成は不可能となっています。ちなみに一価不飽和脂肪酸はオメガ9系と呼ばれています。

 

多価不飽和脂肪酸にはどのようなものがあるのか

多価不飽和脂肪酸オメガ3系にはDHAとEPAがあります。その他にもαリノレン酸がオメガ3系です。DHAとEPAはマグロ、アジ、サバ、イワシなどの青魚に一番多く含まれており、αリノレン酸はエゴマ(シソ)や麻仁(フラックスシード)などに多く含まれています。
またオメガ6系にはリノール酸やアラキドン酸などがあり、これらの食品に多く含まれています。

  • 豆腐や納豆などの大豆製品
  • ピーナッツ
  • ゴマ
  • コーンオイル
  • 紅花オイル

 

オメガ3

オメガ3は最近大注目の健康成分であり、厚生労働省が積極的に摂取することを推奨している脂肪酸のことです。そんなオメガ3とはどのような成分であり、どのような働きを持っているのでしょうか。オメガ3について詳しく見ていきましょう。

 

オメガ3はω(オメガ)と表示することもある脂肪酸の一種です。体内合成出来ない必須脂肪酸であり、炭素の結合がふたつ以上、二重結合以上からなる多価不飽和脂肪酸でもあります。

 

不飽和脂肪酸脂肪酸には同じく多価不飽和脂肪酸であるオメガ6、一価不飽和脂肪酸であるオメガ9があります。オメガ3の代表的な脂肪酸と言えばαリノレン酸とDHAであるドコサヘキサエン酸、EPAであるエイコサペンタエン酸です。

 

オメガ3にはどのような働きがあるのか

オメガ3の脂肪酸を積極的に摂取するように推奨されている理由は、オメガ3が健康に大変良い脂肪酸だからと言えます。

  • 血栓を防止し、血液をサラサラに
  • 動脈硬化や高脂血症、糖尿病などを予防
  • また脳細胞を活性化、記憶力や学力向上
  • 皮膚を健康に若々しく保つアンチエイジング効果
  • アレルギー抑制効果
  • うつ病予防のリラックス効果

オメガ3の特徴

オメガ3は主にアジ、アナゴ、アンコウ、カツオ、サバ、サンマ、シシャモ、ヒラメ、ブリ、イワシなどの青魚に多く含まれています。また亜麻仁オイルやエゴマオイルにも豊富。

 

オメガ3は非常に酸化しやすいという特徴を持っています。そのため新鮮なうちに摂取することが大切です。またオメガ3だけを摂取すれば良いのではなく、オメガ6やオメガ9もバランス良く摂取することで、さらなる効果を得られると言われています。